アンジェリールナイトブラ

ナイトブラのバストアップの効果って?

ナイトブラは、専門としてバストの形崩れを防止するためのものです。これは、バストの矯正という概念よりも、バストの張りをキープしたまま、それを就寝時に持続させ、バストの吊り上がり感を保つように作られています。

 

バスト自体は、乳腺の構造と、コラーゲン、脂肪細胞によって基本的な構造が仕上がっていますが、靭帯によっても、そのアップ感は違います。

 

たしかに、年齢によって、コラーゲンの構造と、靭帯の張りの状態は、おとろえてきますので、ナイトブラによってお乳を育てる公式が必要になります。

 

もちろん、ナイトブラは昼間に付けるような、ワイヤー式でなっている訳ではありません。

 

これは、昼の吊り上がりに依る、ワイヤー矯正や、横の乳房の持って行き方の構造とは、ナイトブラが違っている事を示しています。

 

ワイヤーに依る矯正は、直立した状態での、矯正箇所になり、就寝時にはワイヤーの感覚が少し違った物になります。

 

よい、ナイトブラでは、サイドからの盛り込み方と、寝ている状態での、お腹周りとの区別感を想定するもので、要するに流れ防止の構造になっています。

 

ワイヤーとしても、下から支えるものが入っているのではなく、バストをキープするハーネスが帯状になっていると考えると楽になるタイプです。

 

デイブラでも、バストを寄せるような構造はありますが、ナイトブラでは、靭帯の形状をキープするという概念の近い物です。

 

つまり、柔らかいせいでの崩れ方を防止するためと、その乳房の成長と言うことを考えた、育てるバストの考え方になります。

 

ナイトブラのバストアップ効果としては、まずコラーゲン質が脂肪細胞の間にどう入っていくかと言うポイントが大事です。

 

そして、靭帯の吊り上がりを寝ている状態でもキープするので、より突出した張りを保つためのものです。

 

細胞は夜、進化し成長しますので、年齢によるあきらめを持たない人であれば、乳房の形をキープする以上に、育てる感覚でナイトブラを装着しましょう。

 

また、乳腺の構造としても、垂れてしまった場合よりも、あかちゃんに乳を含ませる場合では、より突出した乳房の方が、向いていると言えます。

 

ですので、ナイトブラの効果には、これからの授乳の為にと言う、気持ちも入っているのです。

 

守らなくてはならないのは、突出の為の人体を圧縮してキープする為であり、その上での、脂肪細胞とコラーゲンの増築を図る事が、ナイトブラの基本と言えます。

 

なので、ナイトブラは寄せるというよりも、育てるためのバストアップです。